quatre septembre

appengine.exblog.jp ブログトップ

best of 2005

あと30分で今年が終わる!!

急いで集計します。最初に言っておくと2005年に読んだ本なので
2005年に刊行された本ではないですよー。新刊本はあんまり読まないので。

1:今年読んだ本の数(このブログに感想を書いた本の数)

87冊(適当カウントなので、多分)
※マンガはカウントしていません
※上下巻になっていたら2冊とカウントしています
※写真集もカウントしていません

これ、この記事を書こうと思って気がついたんだけど、
読んだのに、書いてない本がいっぱいあったことに今気がついた。
傾向としては、読んでむかむかして思い出したくもない、という本が
忘れ去られがち。思い出したくもない、という欲求に忠実。
あと、小説じゃないのもあんまり感想書いてなかったな。
感想書くようなもんじゃないからかな。
あとでワーストのところで読んでない本が出てくると思う・・・。
というわけで、トータルとしては120冊ぐらい読んでるんじゃないのかな。
3日に1冊ペースだと思います。
そんなもんでしょう。

2:今年読んだ本で一番面白かった本

間違いなく、ダン・シモンズの「ハイペリオン」シリーズ。8冊まとめて。
今年どころか、今まで生きてきた中でもっとも面白い本に入るのではないでしょうか。
多分これから先生きててもここまで面白い本に出合えるかどうかは
わからないなー。というかなさそうな悪寒。
といっても、「面白い」と「好き」は全然違うので、好きという意味では
もっと好きな本はいっぱいあります。一番好きな本は、10年前に読んだときから
ずっと変わらずに、イーヴリン・ウォーの「ブライヅヘッドふたたび」です。
まあ、ハイペリオンは文句なしに面白くて、そしてちょっと好き、という本になります。

3:作家 of the year

ジェーン・オースティン。
今まで存在は知っていても、まったくといっていいほど興味の範疇外だったのですが
丸善丸ビル店での出会いのおかげでその面白さに出会えました。
何度もいうようだけれど、普遍的な面白いさというのは強いなあ。

日本人だったら・・・
んー。森博嗣と佐藤亜紀が印象的だったけど、、、この二人は毎年好きなので、、、
太宰治かな。こんなに面白いとは思わなかった。

4:本屋 of the year

とある個人的な理由で、有隣堂横浜地下街店。狭い割りにいい仕事してくれる。
次点は丸善丸ビル店。ここも冊数少ない割にはセレクトがいい。
ダメ本屋は、三省堂有楽町店。面積広い割りにいけてない。

5:ワースト2005

今年読んで激しい怒りもしくは気持ち悪さに襲われた本。
1位:僕の中の壊れていない部分
2位:おいしい水
3位:あなたには帰る家がある

とりあえずうけるところは、全部彼氏に借りた本ってところです・・・。
2位と3位は感想を書くことすら放棄していた。
共通点はぜーんぶ現代の日本が舞台というところかな。
サラリーマンとか家庭の問題とか団地とか不倫とか・・・・
そういうのが心底ダメ。なぜあえてそういうことを小説にしようと思うのかが分からない。
嫌いなものを認識して思ったけれど、わたしは小説に非日常性を激しく求めてるのかなあ。
でもそれって違うと思う。ジェーン・オースティンなんか、昔のイギリスで、ジェントリーという
階級はほんとに非日常の世界だけれども、そこにあるのは普遍的な人々で
生活なわけで、ジェーン・オースティンの世界にも嫌な人ってもちろんいるけれども、
嫌なだけで終わらない輝きや意思や美しさがちゃんとある。要するに、上記の本たちには
そういう輝きや美しさがないのだと思います。もっと綺麗なものを。

おまけ:エラリー・クイーンですきなの5つ。

今年2005年は、作家エラリー、探偵エラリーの生誕100周年記念で
いろいろな本が出版されててほんとに幸せでした。
国際事件簿ももちろん買ったし、パーフェクト・ガイドにいたっては、
前に大きさが違う本を買って持っていたにもかかわらず、文庫版が出たので
また買ってしまった・・・。好きな本は何冊でも買いたくなるのでよしとします。
で、これらの本でいろんな人がクイーンのベスト5を選んでいたので
真似して選んでみます。順不同で5つ。

・九尾の猫  ・・・大人版で初めて読んだ思い出の本。深い余韻がある。
・災厄の町  ・・・ライツヴィルものは全部すきなのだけれど、代表でこれ。
・シャム双生児の謎 ・・・国名シリーズの中からはこれ。あーエジプト十字架もギリシャ棺も
               捨てがたいんだけど!!
・ハートの4 ・・・ひたすらポーラ・パリスの出てくるところが面白かったです。
・靴に住む老婆 ・・・これは子供版でほんとに初めて読んだクイーン。面白かったなー。

どれも好きすぎて5つ選ぶの難しいよ。

ということで2005年もいろいろ読めて面白かった。
来年も面白い本いっぱい読めますように!
[PR]
by app_engineer | 2005-12-31 23:38 | 読んだ本
line

日記というより週記


by app_engineer
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31