quatre septembre

appengine.exblog.jp ブログトップ

旅の支度

明日(23日)からスペイン&イタリアに行くわけなのですが、
その準備をしています。準備っていっても、パッキングじゃなくて
どの本を持っていくか、どの音楽を持っていくか、で悩んでいるわけです。

まず本から。
基本的に1週間以上の旅行には3冊以上の本を持っていきたい。
しかし、普通に読んでいたらすぐ読み終わってしまうので
できるだけ読むのに時間のかかる本がよい。
かといってつまんない本だと持ち歩くのも苦痛になるので却下。
本を読む場所についても考慮が必要。
基本的に旅の途中なので、飛行場、電車の中が主な読書場所になると思われる。
などなど考慮して、候補をいくつか買ってきました。

・神林長平 魂の駆動体

大本命。これは多分持っていくな。神林長平というだけである程度のクォリティは
確保されているし、海外旅行(特に移動の多い旅)とSFは相性が良いのです。

・EMフォースター 眺めの良い部屋

フィレンツェには行かないけれど、ミラノに行くので近いところで。これも
系統としては好みだと思うのだけれど、若い女性が主人公の恋愛小説という
ところで不安が残る。恋愛小説嫌いとしては投げ出したくならないかが心配・・・。

・水村美苗 本格小説

これもずっと読もうと思っていたのだけれど、手付かず。
分量的には上下冊で結構なボリュームがありそうでいいんだけれど
上巻を読んでつまらなかったときには目も当てられない・・・。
これも恋愛小説だし、しかも嵐が丘がモチーフときいて不安は余計募る。
嵐が丘・・・嫌いじゃないけど重かった・・・。

・空へ

エベレスト登山の悲劇のノンフィクション。こないだの研修で
エベレストに俄然興味がわきました。しかし売ってない・・・。
どっかで手に入れないと。
しかし何故あんなに危険な山に登るんだろうなあ・・・・。
そこに山があるから、というのはナシの方向で。

あとはグレッグ・イーガンが候補かなあ・・・。

迷う・・・。

ちなみに今まで旅行に持っていった本の中でベストは、
エンダーのゲームです。チューリッヒの空港で読んだことはずっと
忘れられない。TimeとPlaceとOccasionが完璧だったよ。
空港とSFのコンビネーションは最強だ。
あとは、ニューカレドニアにいったときは、サイダーハウスルール。
なんとなく緩い感じがよくあっていた。
パリで暮らしてたときは、ミラン・クンデラの不滅。
存在の耐えられない軽さぐらい面白すぎないのでちょうどよく長時間もってくれました。
パリという都市における異邦人感にシンクロできたような気が・・・(何様だ)

そういう意味で言うと、スペインなんだよね。ヘミングウェイとか・・・?
なんか安易すぎますね・・・なやむー。
[PR]
by app_engineer | 2006-02-22 01:27 | おかいもの
line

日記というより週記


by app_engineer
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31