quatre septembre

appengine.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 03月 ( 22 )   > この月の画像一覧

読書メモ。

三国志ばっかり読んでいるみたいでしたが
その間にもちらほらと読んでいました。

・「明治日本見聞録」エセル・ハワード
んー明治よりやっぱり幕末のが面白いかな?
日露戦争時に、ハワード嬢が慰問袋を送ったエピソードが面白かった。
いきなりイギリス人から慰問袋が来たらびっくりしません?

・「モロッコ水晶の謎」有栖川有栖
久しぶりにこの手(新本格?)の本を読んだけど
いまのわたしには必要ないかなあと思った。
最近推理小説読んでないな。

・「神様のボート」江國香織
my大学の先生:福田和也氏が推奨していたので。
江國香織の本の中では一番好きかも。
「東京タワー」はなんかイヤだった・・・。
[PR]
by app_engineer | 2005-03-30 11:43 | 読んだ本

そかはかとない幸せ。

昨日、彼氏とご飯を食べながら話してたら
数年前にわたしが大好き(恋愛感情ではない)だった先輩の話になりました。

彼氏はその方と結構仲良しで、二人で
「あの人、人の好き嫌い激しいよねえ」って話してた。

で、
「○○さんはあんま好かれてなかったねえ」って言ったら
「あの人が好きだった人なんて、あのプロジェクトの中ではあなたぐらいだよ」
って彼氏が言った。

いいことを教えてくれた!!

ほんとかなあー。
もうその一言で、わたしはぱあああって幸せになっちゃったよ。
「△△さんは?××さんは?結構好かれてなかった?」
って聞いたけど、「そんなことないよ」だって。

やばい、それだけなのにすごく幸せ。
単純なわたし。何年も前のことなのにね。
[PR]
by app_engineer | 2005-03-30 11:01

宗教的儀式。

週末は、親戚の不幸があって
土日とも坊さんと長時間過ごすことに。

・・・・・なんかお経ってイイね。

別に、なんの宗教も信奉していないんだけど、
宗教的儀式ってなんらかの力があるなあ、と思ってしまった。
なっがい読経を聞いたりとか、拝礼を強要されたりとか、
お焼香とか、数珠とかの、数々のしきたりと様式は。

これって、いい意味で、悲しみ過ぎないようにするための仕組みかなあって思った。

これが、なんか故人の好きな歌や
好きなお花、好きな食べ物とかを用意して
親しい人がしんみり集まって語り合う形式のお葬式だったら
絶対絶対もっと悲しくなっちゃう。
どれを見ても亡くなった方を思い出して浸っちゃう。

お坊さんの読経を聞いていたらそういう悲しいのが
薄れる気がしたんだけど・・・・気のせいかしら。
また読経が聞きたいなあ・・・・。
いつも真言宗のばっか聞いているから、日蓮宗のを聞いたら
かなり新鮮でした。
真言宗のが歌っぽいけど、日蓮宗のが呪文ぽい。

そう思ってたら今度は久しぶりにカトリックのミサに出たくもなった。
[PR]
by app_engineer | 2005-03-28 16:18

誰か教えて・・・。

私ってばこんなセレブぅ(勘違い)

ymkちんブログにTB。

勘違いせれぶ、面白かったのでわたしもやってみました。
出てきた人見事に一人も知りません。
そして見事に似てないなあーーーーーーー。

b0048616_1881250.jpg


b0048616_1884222.jpg


b0048616_1885164.jpg



似てる人1位:Ana Beatriz Barros
似てる人2位:Cathrine Bell
似てる人3位:Natasha Henstridge

誰だこれ。知ってる人教えてください。
それにしてもほんと似てない。
生まれてからこの方、何か素敵なものに似ているといわれた試しがありません。
今まで言われたことのある人、物。
石橋貴明、ウルトラマン、ウルトラの母・・・・。

・・・ひどくない?
もっとましな何かを思いつく人いたら誰か教えて・・・。
[PR]
by app_engineer | 2005-03-25 18:06

三国志(自分の中で)完結記念。

ついに読み終わりました。北方三国志13巻。
昨日の夜、電車の中で読み終わったよ。
このブログによれば、読み始めたのは3月3日(こういうとき日記って便利ね)
13巻あったので、大体2日弱に1冊読んだペースです。
せっかくなので、まとめて感想書いてみます。長いので注意。

【当初の目的】
あまりにも中国についての素養がないため、一般常識としての故事とかイベント
を学ぼうと思った。(具体的に言うと、新聞とかで普通に書いてある「赤壁の戦い」とかの意味が全然分からなかったのです)

【なぜ北方三国志を選んだか】
とりあえず、完結しているもの、文庫のものからチョイス。
本が読みたかったのでマンガも却下。
吉川英治の三国志は中学のときに挫折したので読みやすそうなもの、
ということで彼氏に選んでもらいました。
ちなみに、これを選んでよかったことは「安い」ってこと。600円以下で買える本、久しぶり。

【読む前に決めたこと】
電車の中でしか読まない。
という謎の規則を自分の中で決めた。基本的にいつも自分の部屋で寝る前に
本を読むんだけど、これは寝る前に読んではいけない気がしたの。
はまりそうだったから、自戒しようとしたのか・・・。自分の心の動きが謎。

【北方三国志の感想】(本が手元にないのでうろ覚えベース)

・孫堅が勝ち残る!と予想したところ1巻であっけなく死んだ。あっけなく死ぬ伝説
・曹操が立派。黄巾軍との戦いでわたしの好感度アップ。
・前半、劉備たちに特にイメージなし。
・呂布が異様にかっこよく書かれている。だけど愛妻家でマザコン。
・孫堅亡き後、息子の孫策にかけていたところあっけなく死んだ。あっけなく死ぬ伝説②
・呂布が死んだとき愛馬の赤兎馬が後追い自殺しようとして驚いた。なんだそれは。
・赤壁の戦い。鳥肌がたった。孔明はどちらかという見ていただけ。周喩の戦いだね。
・だんだん孫権にいらいらしてきた。決断が遅い・・・。
・赤壁終わったころから肩入れすまい!と何度も自戒したにもかかわらず劉備軍が
きになってしょうがない
・だんだんいやな予感がもりあがる
・ホウ統の死でいやな予感最高潮。
・そして、東横線下り列車で関羽の死に涙。たったまま涙。
・坂を転がるようにしていろんな人が死ぬ・・・。
・張飛が死んだときは泣かずに済んだ。
・東横線上りで劉備の死にぐっと来る。涙はこぼさずに済む。
・曹丕はサドだった!!!
・司馬懿はマゾだった!!!
・エンキョウは童貞だった!!!

こんな感じ。(最後のほうは心臓が疲れたことによりテキトー)

【まとめ】
三国志が日本で人気があることが非常によく分かりました。
確かに面白かったです。しかしやっぱり歴史小説は苦手です。
人がどんどん死んでいくのが辛くて辛くて・・・。
しばらくは読めそうにないです。心臓が疲れた。
人が死ぬ場面と、戦争の場面は、心臓に負荷をかけるトレーニングかと思いました。
人間ってやっぱり戦争が好きなのね。わたしも含めて。

【目的の達成度】
三国志演義をもとにしていないため、有名なエピソードがぼろぼろこぼれては
いますが、いくつかの言葉の由来を発見しました。
「白眉」、「泣いて馬ショクを斬る」、「苦肉の計」
今度は死せる孔明生ける仲達を走らすが見てみたい。

というわけで、今後の課題を残して終了。
[PR]
by app_engineer | 2005-03-25 12:12 | 読んだ本

ジェネレーションギャップ?

最近、若者とふとしたことでメールをすることがあったんだけど
彼からのメールを見てちょっとびっくり。

男の子でも、普通に☆マークとか使うのね・・・。
顔文字とか使っちゃうのね・・・。

なんなのこの若さはーーーー。

って思ったけど、よく考えたら彼とわたしは1歳しか違わない。
友達とかだったら年の差なんてあるとも思わない違いだけど
彼は昔わたしの部下だったからきちんと敬語とかで
メールくれたんだけど、そこに顔文字やらマークが入っているとびっくしですよ。
仕事の話じゃないからいいんだけどね。全然。

メールで顔文字って普通のもの???
携帯メールとかで絵文字とかで送られると結構ひいちゃうんだけど・・・。
昔、会社の先輩が見せてくれたキャバ嬢からのメールは
ひらがなと同分量の絵文字が含まれていてかなり笑ったんですけど・・・。

もしかしてそれが普通なのかしら。
だとしたら、ジェネレーションギャップは、
わたしと彼の年齢ではなく、わたしの実年齢と精神年齢の間に存在するのかしら・・・。
精神年齢50代だったらどうしよう。
アインチエイジングは肌じゃなく脳に必要だったらどうしよう。
[PR]
by app_engineer | 2005-03-24 11:47

文体の強度(なんだか村上龍みたいなタイトル・・・)

マンガ読むのがすき。
本読むのがすき。
どっちかというと読むなら、本よりマンガを読むほうが好きだけど。

でも、もし自分になれるとしたら
小説家になるよりマンガ家になるほうが簡単な気がする。
絵なんて書いたことないけど。
絵は、描いた時点でそれはわたしのものになる気がするんだよね。

文章はダメだ。
多分、小学生のころから今にいたるまで、日常的に
文章を作ることをしてしまっているせいで
文体が確立できていない。
普段から無意識に文章を作ってしまっているせいで
その場の雰囲気や状況、そのときに好きなものにたやすく影響されてしまう気がする。
たとえば今なら、パワーポイントの説明文みたいな文章を
書いてしまいそう。

作家に一番必要なのは、文体だと思う今日この頃。
文体を確立するためには、書いて書いて書いて書きまくる。
これしかないと思うのですが、どうでしょう。
トルーマン・カポーティの「カメレオンのための音楽」を読んだとき
序文で、トルーマン・カポーティが10歳になる前ごろから
毎日ひたすら文章を書いた、ようなことを書いていて
やっぱり彼の文体はこの筋トレみたいな反復練習によって
作られたのか、と思った。

村上春樹の文体模写をしている人よく見るけど
やっぱり模写されるだけの文体を持っていて、しかもそれはものすごい強度。
模写されてるのを見るだけで、村上春樹のマネしているって分かるもん。
好きじゃないけど、すごいと思う。

そしてそんな文章作るのは無理です。
小説家にはなれません。
(実際はマンガ家にもなれないと思うけど・・・さ)
なんていうか、小説家の文体に匹敵するものは、マンガ家の絵だと
思うんだけど、絵なんてほとんど書いたことないし、絵の描き方も
習ったことないし、特に好きな絵とかもないので
わたしが絵を描いたとしたら、文章よりはオリジナリティが
出るのではないのか・・・・と思ったのが発端です。
確立された文体で書かれた文学がすき。

こんなことばっかり考えてる。
暇だなあ、最近。
[PR]
by app_engineer | 2005-03-22 17:38

休日出勤。

きょうもーたのしーくきゅうじーつしゅっきんー。
9時から16時までずーっとMTGってなんですか。
はー疲れた。
MTG中寝た。
寝ながらメモをとったら汚くなった。

やだやだ。
かえりたいー。
[PR]
by app_engineer | 2005-03-21 17:37

今日のお買い物。

お昼休みに、三省堂で本を買ってきた。

「明治日本見聞録」と「三国志」の8巻。

明治日本~はわたしの大好きな
講談社学術文庫の外国人が昔の日本にやったきたぜ!シリーズ。
これは、島津公爵家の家庭教師だった人みたいです。
今までいろいろ読んだけど、
イギリス士官のやつが一番面白かったかなあ。

三国志はいよいよ読むのが辛くなってきました。
もう今にも誰か死にそうな気配。
歴史小説って読むの辛いなあ・・・。
もうほんとに、劉備軍危険です。
つらいつらいつらいつらいつらい・・・・。
[PR]
by app_engineer | 2005-03-16 18:28 | 読んだ本

刺激。

とりあえず、買えるか分からないけど、欲しいもの
ひかれるものを書き綴ってみる。
抽象的なことは書いちゃダメルール(愛情、とかダメです)

ハリー・ウィンストンのエタニティリング
ボクスター
暖炉
プッチの椅子
ねこ
いぬ
中国の壷

自転車
本棚
「エラリークイーンの世界」という本(絶版になっている)
ヴァンクリのアルハンブラ
ダイアンフォンファステンバーグのワンピース
斜めがけバッグ
B&Wのスピーカー
ホットカーラー
ハーバルリカバリーミストMD
アンティークの時計


あーやっぱりだめ。
これぐらいしか思いつかないなんて、生命力がよわってるーーーー。
[PR]
by app_engineer | 2005-03-14 19:23
line

日記というより週記


by app_engineer
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー