quatre septembre

appengine.exblog.jp ブログトップ

<   2006年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ひなべ

b0048616_19122066.jpg

おなかすいた~
[PR]
by app_engineer | 2006-04-28 19:12

そして


17時からのMTGもなかったというオチ・・・。
[PR]
by app_engineer | 2006-04-27 16:47

ストレスフル

2日連続でタイ料理を食べたらおなかが痛くなったよー。
でもタイ料理ほんとうまい!
毎日タイ料理食べたいよ。

それはそうと、仕事のスケジュールの見通しのなさっぷりがすごいストレスフル。
昨日もいきなり仕事頼まれるし、今日にいたってはMTG時間に頑張って
会社にきたら「MTG中止」のメールが来ているし・・・。
予定がたたないのがむかつくーーーー。
17時まで時間があいちゃったじゃないか!

どうしよう。
今から成田に彼氏のお迎えでも行こうかな・・・。
しかし携帯をonにしている可能性の低い彼にうまくあえるかが心配。
[PR]
by app_engineer | 2006-04-27 12:53

またまた4月は残酷な月

ブログを書き始めてから2回目の4月です。
去年の日記にも「4月は残酷な月」ネタを書いたから「またまた」
来年もブログを書いていたら「もっとも4月は残酷な月」
その次は「4月は残酷な月フォーエバー」

・・・あぶない刑事にあわせなくてもいいと思うのだけどね。

あまりにも最近真面目に書いていないので忘れないうちに書いておこう。
ていうか、本当は書いておきたいようなこといっぱいあったんだよ!!

1)フランスから友達が一時帰国で久しぶりに会合

この友達が連れてきてくれた、彼女の子がほんとうーーーーーーに可愛いの。
本当にハンサム。すっごい可愛い。2歳にしてこれだから、本当にすごい。
子供が好きじゃないわたしでさえ本当に見入ってしまう可愛さ。
今まで見たことある子供の中で一番可愛いよ。
電車がくると、「でんちゃ!」って言うの・・・めろめろ。

2)卒業以来初めて高校に行った

本当に自分の出身学校に愛着がないので、大学も高校も一度もいってなかったんだけど
ちょっと用があっていってみた。
中学3年間の主任かつクラブの顧問の先生とのインタビューだったんだけど・・・
なんかこれがすごい良かったんだよね。うまくいえないけど。
自分が中学生のとき、無駄に壁を作って決して目をあわせようとしなかった(うける青春)
相手なんだけど、別に嫌いだったわけではなく、ただ、なんというかスルーしたかったというか
そんな彼でも、すごーーーくよくこちらのことを覚えていて、わたしが覚えていないような
エピソードとか普通にしゃべってて感動した。先生ってやっぱり生徒をよく見てるんだなあって。
で、最近の先生の話とかエンドレスで2時間ぐらいしゃべってたんだけど、普通に面白かった。
数学以外教わった記憶はあまりないんだけど、恩師っていったらやっぱりこの方に
なるんだろうな、と思った。

3)フラワーアレンジメントを習った

ミーハーにもJanePackerで。お花の写真をアップしようとずっと思ってるのに
サイズが落とせず断念。すごく楽しかった。お花絶対習おうと思った。
次は、ニコライ・バーグマンのところのスクールに行ってみたいな。

4)ジムに入会した

念願のジムに入りました。いろいろと測定してもらって、とりあえず筋肉付けようということに
なった。運動するのは楽しい。マット系が苦手だけど。そして思い出したけれど
わたしは跳び箱がすごい得意だったんだよなあ。
跳び箱飛びたいけど、どこいけば飛べるんだろう。

そのほかはもう忘れた、かな・・・・?
最近はお酒の味に目覚めて、飲みに行ってばかりです。
日本酒おいしい!
[PR]
by app_engineer | 2006-04-26 00:50

鬼畜道

b0048616_0275024.jpg


今日バーニーズで買った靴。銀色でキラキラしてて、大きな石がついてて可愛い子。
あと、バーニーズの1階で、オメガのアンティークの時計が欲しくなった。
我慢した。よく我慢したよー。

したの日記に追記:
ウィンストン・ナイルス・ラムファードについての描写についてちゃんと調べてみた。

「彼は他人の血を流すことに対して、にこやかな熱心さを持っていた。」

すごい。こういう人は好きになれないけれど、ものすごく興味がある。
昔からそうなんだけど、全く罪悪感とかを覚えずに二股とかして、
双方とも愛している人とかもすごく気になる。
いろいろとお話してみたい。頭の中どうなっているのだろうと思う。
こういう人の精神ってものすごくマップが綺麗だと思う。
うまく書いてるかな?
精神そのものが美しいのではなく、それを図や絵に表したときにすごく合理的な
絵ができあがると思うんだよね。最適なプログラムが美しくあるように。

今日Kつらと話してて思ったのは、わたしたちは鬼畜道に落ちているってことかな、、、。
[PR]
by app_engineer | 2006-04-26 00:27 | おかいもの

また忘れてた

わすれてた本を思い出しの追記。

夢見る宝石 シオドア・スタージョン

昔仲良かった先輩がくれた本。この本を面白いって言った彼のことを
とても好ましく思ったものでした。
読んでみて、面白かった。
スタージョンは不思議な感性だな、と思った。
SFだよ、SF。SukoshiFushigiだよ。

タイタンの妖女 カート・ヴォネガット・ジュニア

スローターハウス5でぐっときたヴォネガット。超ヴォネガット調だったけど
スローターハウスのほうが好きかな。
この話は、全体に面白いけれど、最初の方が面白くて最後に行くにつれ段々トーンダウン。
一方、スローターハウスは最初低調で、最後にむかってがーっと盛り上がる。
ウィンストン・ナイルス・ラムファードという人物がすごく魅力的だ。

追記:
ウィンストン・ナイルス・ラムファードのどこがいいかと思ったかというと、
「他人が血を流すことについての穏やかな熱狂」(うろ覚え)がある、といった描写に。
こういう人いるよねーって思った。ああ、面白い。こういう人っていっぱいいると困るけれど
小説の登場人物としてはかなりの上玉だよ。

ものすごく要約すると、「幸せはあなたの傍に!」とかそういう話なのかなあ・・・。
[PR]
by app_engineer | 2006-04-25 00:19 | 読んだ本

Tunig

調律師さんにきてもらってます。
やっぱり音狂ってたみたい。よかったよかった。耳がおかしいわけではなかった。
それにしてもうちのピアノ、おばあちゃんが買ったものだからものすごく古い。
新しいピアノを買うことを何度も奨められました。

新しいピアノ欲しいなあ。

ってその前におうちなんだけど・・・。
[PR]
by app_engineer | 2006-04-22 12:24

また間があいちゃった。

間があきすぎて何があったか忘れちゃったよ。
ジムとヨガと仕事とピアノと麻雀と飲み会とプラネタリウムぐらいしかしてないよ。

忘れないうちに最近読んだ本。

・カメレオンのための音楽 トルーマン・カポーティ

おととし買って読みかけてた本、やっと読めた。表題作が秀逸。

・猶予の月 神林長平

去年も読んだけどまた読んで見た。2回目だけどやっぱり難しい。

・アムステルダム イアン・マキューアン

面白かった。この人の文体好きかも。

・ニューロマンサー ウィリアム・ギブスン

この本こそ、カート・ヴォネガット・ジュニア以上にずーっと読みたいと思ってた本。
中学生のとき以来かなあ。20年以上前の本なので、既知となった概念が
いっぱい出てきているけどそれでも難しかった。理解せずに読みすすめたけど。
マトリックス(映画)を見た上でもそうだったんだから、これを最初に読んだ人は
どんな気持ちがしたんだろう。そして最初にこれを想像した人はすごい。
未来を想像するってこういうことか。
あまりにもよくわからなかったけど、勧善懲悪の話じゃないところも良かったな。

あとなんか読んでたかもしれないけれど忘れちゃいました・・・。
[PR]
by app_engineer | 2006-04-22 12:02 | 読んだ本

知人各位

一人暮らし計画はありえないオチによって
なかったことになりました。
まだ実家にいることになりそうです。

うける。
いや、うけてる場合じゃないのかな・・・。
わたしが悪いのかな・・・。
いやいやそんなバカな!
[PR]
by app_engineer | 2006-04-13 23:51

わたしの大好きなお馬さん

去年の桜花賞で初めて見た、シーザリオ。
黒くて可愛くてかっこよいシーザリオ。
早くて強かったシーザリオ。

引退になってしまいました・・・。
哀しい・・・。

多分固体としてこんなに好きになった馬は初めて。
まだまだ活躍できると信じていたのに。
まだ4歳なのに。

これからきっと桜花賞の季節になるたびシーザリオのことを思い出す。
[PR]
by app_engineer | 2006-04-10 02:39
line

日記というより週記


by app_engineer
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30