quatre septembre

appengine.exblog.jp ブログトップ

<   2005年 11月 ( 18 )   > この月の画像一覧

日本人

いずれの御時にか、出来事・仕事あまたさぶらひ給ひけるなかに、いとやんごとなき際にはあらぬが、すぐれて時めき給ふ思い出ありけり。

ということで、かなり前の話だけど忘れないようにメモっておきます。

①ロバート・キャパの写真展を見に行った。

ここ数年で、キャパの写真展見に行くのは5回目かなあ。恵比寿の東京都写真美術館で
2回、どっかのデパートで1回、神戸で1回。どれだけすきなんだ、って感じだけど
やっぱり好き。今回のテーマは「OFF WAR」ということで戦場を離れたキャパという
テーマだったらしいけど、有名なD-Dayの写真や崩れ落ちる兵士の写真がなかっただけで
十分に戦争だった。スペイン市民戦争下のマドリッドやバルセロナ、それから第二次世界大戦下のシチリア、連合国軍による解放後のパリ、占領後のベルリン。
わざわざOFF WARと書くほどのものかなあ、と思いつつ。やっぱり何度も見ちゃう。
彼の最後の写真となった、ベトナムの写真もあった。この3時間後に死んじゃうんだよね、
知ってるからか、いつも涙が出ちゃう。
写真の仕組みがまったく分からないのだけど、前恵比寿で見たときと同じ写真なのに
大きさが全然違う気がした。オリジナルプリントというものがなくって、ネガを
好き勝手な大きさに焼いて、同じ写真がいっぱいあるのかなあ・・・・?
具体的に言うと、ピカソとフランソワーズ・ジローがパラソルの下にいる有名な写真ね。
前見たときのが大きかった。うーん謎。
でもネガがあって、いっぱいやけるんなら、わたしもキャパの写真を手に入れることが
できるのかしら・・・?オークションとかで。
いつも写真集を買おうと思うけど、本に印刷された写真とプリントの写真の力の差は
歴然としていて、写真展の場では絶対買えない。なんで同じものなのにあんなに
違うんだろう。


②チャイコフスキーとラフマニノフのピアノ協奏曲の演奏会に行った

チャイコフスキーの1番とラフマニノフの2番。わー、べただ。べたすぎる。
わたしは断然ラフマニノフ派だったにも関わらずこの日はチャイコフスキー
のが全然良かった。演奏者が違ったの。
指揮者も、オケもピアニストも、オールロシアンメンバーでロシアのさっむいところを
想像しながら聞きました。凍土の下に煮えたぎったウォッカが流れています(適当)
しかし、チャイコフスキーもラフマニノフも、ロマンチックというより
やはり、ナイーブだと思った。ロマンチックいうには、人生の辛苦を知りすぎているような・・・。
第三楽章で思わず涙がキラリ☆
席がすごい上のほうだったので、オケの様子がよく見えた。
気がついたこと。
・フルートが二人しかいない(もっとたくさんいるもんだと思ってた)
・吹奏楽者は、吹いていないときしょっちゅう楽器のメンテをしている(唾がたまるから?)
・オーボエとファゴット(多分)の見分けが付かない
・ラッパ系にいたっては何がなんだか
・シンバル奏者が、顔の正面で両側からパーンと叩くのではなく、腰のあたりで斜めに
打ち鳴らしているのがとてもかっこよかった。音量によって叩き方が違うのか、それが彼のスタイルなのか
・レニングラード交響楽団にはとても女の奏者が多い(気がする)


それにしても、日本人って、キャパとラフマニノフが大好きだといつも思うのだけれど
外国で彼らについての評判を聞いたことがないので、もしかしたら全世界的に
人気かもしれないということに最近気がつきました。
by app_engineer | 2005-11-29 18:29

魯風呂意

またここを放置してしまった。
だって忙しいんだもん。そろそろテンションも切れ掛かる頃。
もういいや。なるようになるだろう。

週末の出来事と言えば・・・。

ゼンノロブロイにしてやられたね・・・。

あーあー。

もう。

2400円買って1000円あたった。

買い方が下手だとみんなにいわれた。

その通りです。

次は有馬記念かなあ・・・・。
by app_engineer | 2005-11-29 18:00

異質なものを許容するということ。

また最近本を読み出した。ジェーン・オースティン読んでから
全然読めてなかったんだけど。1ヶ月ぐらいたって、そろそろ体が本を
欲してきた。面白すぎる本を読むと、暫く何を読んでもつまらなく感じて
読めなくなっちゃうよね・・・。

今は、ガープの世界を読んでます。ジョン・アーヴィング、好みのタイプではないけど
好き。コンスタントに色々読んでるな。やっぱりホテル・ニューハンプシャーが一番
好きだけど。まだ上巻だけだから、全部読んでから感想書きます。

一番最近に、完読したのは、吉田修一の「最後の息子」

これがすごく、文学だった。好き、ではないな。
でも好き・嫌いを超えて、文学だった。だから吉田修一に好感を持った。

わたしはずっと、昔読んだ「プレーンソング」の作者を吉田修一だと
勘違いしていて(ほんとは保坂和志)、つまんないなあ・・・と思っていたのだけど
全然違った。

この短編集には
「最後の息子」と「破片」と「Water」の3編が入っていて
どれもまったく好きな話ではないのに、この人は小説を書かずには
いられないんだろうなあ、と思い、そしてわたしにいろいろ考えさせてくれた。
これが、わたしの思うところの文学です。

特に「最後の息子」を読んで、異質なものを許容しなければ、とすごく思った。
自分に理解できないもののことを、「きもい」とか「うざい」と言ってしまう事は
ものすごく簡単だけど、そんなに安易に断罪していいものか。
その安易さをすごく恥じました。自分にとってはたいしたことなくても
とても他人を追い詰めてしまうことってあるよね。

というわけで、読んでよかった。こんなふうに考えさせてくれる本を
読んだのは久しぶりだ。

もうちょっと小説的な部分でいうと、客観性のある部分はとてもすきなのだけれど
彼の場合、それが練られていなくて少し鼻につく部分がある。
自意識過剰に思えてしまう。でも客観性と自意識は切っても切り離せないもんか。

ちなみにここまで褒めておいてなんだが、吉田修一の本をもっと
読もうとはあんまり思わない・・・。だって好きなタイプではない・・・。
by app_engineer | 2005-11-25 19:05 | 読んだ本

たのしさがあるまち。

b0048616_1430992.jpg


予防接種が激痛だった。大声あげてわめきたいぐらい痛かった。
注射打つ前に暴れるのは我慢したが、あまりの痛さに注射後
たてなくなった。自社の隅っこで半泣きでフルフルしてた。
世界の中心でなきわめきたいぐらい痛かった・・・。
いや。痛いというのではないかもしれない。とにかく、大きな声でわめきたくなるんだよね。
誰か助けて。って思う。誰も助けてくれなかったけど・・・。

えーん
by app_engineer | 2005-11-25 14:30

今から

財布と携帯と社員証だけ持ってタクシーに乗ってインフルエンザの予防接種をうけにいく。わー泣くかな。注射をうけるときに泣かずに済んだためしがない。怖いよ怖いよ。しかし自社で泣くって相当恥ずかしいよね。がんばる。
by app_engineer | 2005-11-25 13:10

I と わたし

レベッカ・ブラウンの「私たちがやったこと」を買って読んでいた。
そういえば。忘れてたよ。

2004年度読んだ本ベストの「体の贈り物」の作者ってことで
ずーっと読みたかったんだけど、いつまでたっても文庫オチしないので
待ちきれずにハードカバーを買ってしまいました。

これも短編集。前回みたいに連作ではないので
統一感にかけるのかな、とちょっと思ったけれど
面白かったです。

やっぱり表題作の「私たちがやったこと」が秀逸。
柴田さんが、この「I」と「You」の性別が分からないように
訳している、という訳者後書きを書いていましたが
後書き読むまで全然気がつかなかった。
普通に、Iは女性で、Youは男性だと思った。
ジェンダーに囚われてる・・・?

しかし日本語で、完全にジェンダーフリーに綴るのはすごく難しいのはないかと思う。
これに完全に成功している小説は森博嗣のものしか読んだことがない。
でも、彼のも、自分自身へのパブリックイメージを利用したようなものだと
思うんだよね。誰かそういう小説があったら教えてください。

ちなみに、私たちがやったこと、以外だったら、
アニーが良かったな。
by app_engineer | 2005-11-22 21:31 | 読んだ本

走り去る。

日曜日はマラトンの日でした。よく晴れてよかったー。
なんだか会社に行く日と同じ時間に起きて、すっごい眠かったけど
なんとか待ち合わせに間に合った。

超寒かったけど気持ちよかったよ。ああいうふうに、体を軽度に
痛めつけることってあんまりしたことなかったから。
いたぎもちいい、って感じ。どれぐらい痛めつけるかも自分のさじ加減だし。
軽く痛めつけては、軽くリリースみたいなのが心地よかった。
なんか日ごろ楽して暮らしてばっかりはだめだよね。
と思ったけど、夜とか終電間際に重い荷物抱えて寒くて
眠くてひもじくて家に帰る時とか、ほんとに辛いことを思い出した。
やっぱり身も心も良い状態に維持した上で痛めつけるのが良いに違いない。

・・・マゾ・・・?

しかし、ほんとに辛いのはマラソンの後に待っていました。
わき腹が痛くなりつつも、5キロを完走して、もうちょい走れるかモー?という
状態で臨んだヨガが・・・ヨガが・・・。

大きな会議室みたいなところで200人以上の人が集まってやっていたんだけど
間違いなくあの部屋で一番からだが硬いのはわたしでした。
どうにも途中で辛くなって、一人で立ってみてたんだけど
みーーんな頭を下に下げたりしてるから、立っているのがわたし一人だということが
とてもよくわかった・・・。
みんな体が柔らかいのね・・・。

あーでもヨガのおかげで次の日、筋肉痛ゼロでした!
ヨガやろっかな。心身とも健康にして、痛めつける!!

また走りたい!運動するの楽しかった。
by app_engineer | 2005-11-22 21:20

キラキラ

疲れついでに、気がついたら、手が何かをクリック!クリック!

よくみたら、ダイヤのピアス買ってました。

っていうのはいいすぎだが、万博で落として以来、片ピアスだったので

買おうと思ってたので、だから良いのですよ・・・。

キラキラしたもの買うと思っただけで癒されるよ。

キラキラついでに、ブルガリのアレグラのネックレスが欲しい。

53万ー。

てか、今日のロト6の抽選結果はどうだったのだろうか?

4億円キャリーオーバーにだまされて、購入してしまったよ。

4億円あたったら、ブルガリだろうが、アレグラだろうが、ガリガリ君だろうが、

バイアグラだろうが、なんでも買うよ。

1億ぐらい盲導犬協会に寄付しちゃうよ。

・・・あたってるわけないか・・・。
by app_engineer | 2005-11-17 23:21 | おかいもの

つかれてるので疑問を呈する

よく「フューチャーして」とか「フューチャリング○○」とか書いてあるけど
あれ、変だよね?どう考えても「フィーチャー」でしょう。

feature

【他動-2】 ~の特集{とくしゅう}を組む、~を特ダネにする、呼び物[売り物・目玉{めだま}・柱]にする、主役{しゅやく}にする


↑英辞郎さんの検索結果を転載しました。コピーライト英辞郎


これでしょう?
フューチャーするってどうするの。次世代の、とか未来の、なんですか。
とか、ら抜き言葉を連発しているわたしがいってはいけないのかもしれないけれど。
カタカナ言葉にうるさいわたし。
何度もいうけど、バッグはバッグで、バックじゃないし、
ベッドはベッドで、ベットじゃないよ。
by app_engineer | 2005-11-17 23:02

韓国コスメ

b0048616_9501473.jpg韓国で買ってきたものの一部。
全部TheFaceShopのものです。TheBodyShopの隣にお店はありました。
ケンカを売っているのか、面白さ重視なのか。

ここのコスメは全部自然派なのがウリらしいです。成分表がハングルで
書いてあるので、ほんとかどうかは分からないです。
でも日本でも自然派と名乗りながら普通にパラベンとか入れてるの
いっぱいあるし、わかんないよね・・・。




b0048616_9501538.jpgとりあえず安いので買ってみました。全品ほんと安いの。
大体1品、500円以下で買えます。

丸いケース入りのがボディクリーム。いいにおいだったので買ってみた。
ベルガモットの香り。アールグレイの紅茶大好きだし。
で、金色のはシートマスク。朝鮮人参入りだよ。韓国らしく。
チューブはセージのパック。効果の程は謎だけど、可愛い。

まだなんにも使ってないや。
by app_engineer | 2005-11-16 09:50 | コスメ
line

日記というより週記


by app_engineer
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30